7/10 タウンニュース 海老名・座間・綾瀬版

タウンニュース 海老名・座間・綾瀬版 7月10日号にて有鹿神社の由緒と取り組みについてご紹介いただています。

7月3日号掲載記事の誤りのお詫びと訂正記事掲出について記載されています。

https://www.townnews.co.jp/0402/amp/2020/07/10/534107.html?__twitter_impression=true

7/6 「ぴあMOOK 神奈川の御朱印めぐり開運さんぽ旅

「ぴあMOOK 神奈川の御朱印めぐり開運さんぽ旅」が発行されました。

有鹿神社のパンダ宮司が何匹隠れているか、御朱印帳画像を含めますと、まだ数えきれておりません。

皆様も全国の書店でお買い求めになりまして、パンダ宮司を数えてみてくださいませ。

表紙
3パンダ
16パンダ

7/6 自由時報

台湾の自由時報さんというメディアで、有鹿神社とネギ禰宜やパンダ宮司につきましてご紹介をしていただきました。

中国語の勉強になるかもしれません。
ぜひご覧くださいませ。

動画
https://www.youtube.com/watch?v=Y-ktZiXCbg8
https://www.facebook.com/watch/?v=1434375073419236

文章
https://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/3215791

ネギヘッドとネギ烏帽子の相違2

笑い話ではなく、ネギ烏帽子とネギヘッドでは、大違いなのです。

この誤記にプラスして、ネギ禰宜の顔が写っていないスクリーンショットが使われたので、大問題なのです。

人物風土記の方のトップに「パンダ宮司の仕掛人」と記載してあるのもおかしいのです。「パンダ宮司の中の人」でなくてはならないのです。

ネギ烏帽子とネギヘッドの相違

ネギ烏帽子とネギヘッドは大違いです。

ネギ烏帽子は創作装束ですが、うちではネギ禰宜というゆるキャラとしてネギヘッドをかぶっているのです。

某メディアの記事に使われている動画の切り取り画像がネギの顔が見えない背後からの写真なので、ここははっきりさせねばなりません。