パンダ宮司・ネギ禰宜など

パンダ宮司ほかの有鹿神社オリジナルキャラクターについて

パンダ宮司は頭はパンダ、身体は神職の有鹿神社のキャラクターです。

何故パンダかの理由 ショートバージョン

Q1.何故パンダのかぶりもの?何故鹿ではない?

A1.有鹿神社の宮司の愛称がパンダ宮司であり、パンダヘッドは「パンダ宮司代理」というキャラクターです。

①パンダの優しいイメージが有鹿神社の志す心優しい神道、親しみやすい神社にあっている。
②パンダは中国産ではあるけれど、日本人にとって幼い頃から親しみ深い。
③宮司が色白タレ目メガネでパンダっぽい。
④古来、神賑行事で面やかぶりものを使用してきた。

上記の理由により、パンダ宮司代理のキャラクターを参拝者とのご挨拶や記念撮影に登場させております。

アルカ は古代の言葉で水を表すと伝わっており有鹿は漢字をあてたもので、神社の由緒に鹿も無関係です。

①鹿の角が烏帽子と干渉する。また烏帽子が似合わない。
②ヘッドを着用する神職の体形によってはバッファローに見えて、「何故和牛にしない」という問い合わせが絶えない。

上記の理由により、鹿神職のキャラクターの登場は見合わせております。


何故パンダの理由 ロングバージョン

パンダを神社のゆるキャラとして選んだ理由です。いっぱいあります。

①本物の宮司@mikagenomoriが神職以外に大学教授、弁理士も兼業していて顔が広く「自分は人寄せパンダだ」と言っていたこと

②宮司の顔が色白で垂れ目でパンダに似ていること

③室町時代から伝わる神社由緒書きに動物がたくさん登場すること、折々の祭で神楽が奉納されたことから、現代でも祭で奉納する神楽を復活させたかったが、具体的に伝わっていなかったので、どんなものにするか検討していた

④広報担当の私が絵が下手で、イカとタコのキャラクターがUFOで有鹿神社を参拝する絵ばかりSNSに投稿していたら、宮司@mikagenomoriから「イカタコ」「タコ」と呼ばれるようになり、宮司は実の父親で生来的に命名権を持つので、私の自己イメージがタコになってしまったこと。

しかし、海辺に鎮座するわけでも、由緒も関連するわけでもなく、ぬるぬるてテカテカ赤々としたタコが神社のイメージとして定着してしまっては、広報担当者として神社にマイナスさと考え、私が宮司を「パンダ宮司」と呼びはじめ、@mikagenomoriがパンダ宮司の愛称で呼ばれるようになったこと

⑤パンダなら優しい可愛い動物で、「形式だけを大事にするのではなく、地域に親しまれる神社に」という神職の思いにふさわしい。タコよりは!

⑥SNSで境内の写真をアップする際に、100均で見つけたパンダのパペットで指差して「こちらが御神木です」とやったら、わかりやすくなった。

⑦わかりやすく、可愛いSNS投稿を見つけたTV神奈川の「あっぱれ神奈川大行進」という番組の打ち合わせで、ディレクターさんが「パンダのぬいぐるみの中の人は?」と訊かれて、「パンダの中と言っても」と白衣の袖からパンダのパペットを出して見せたら「ちっさ」と小さな声で落胆した様子。

全身パンダぬいぐるみがいると勘違いしていた模様。かわいそうに思った私は「来週の撮影までに何か用意しておきます」と言いました。

⑧通販で取り寄せたかぶり面に烏帽子をつけただけでは、親しみやすい神社のイメージにそぐわないので、100均で買った粘土を盛っては削り盛っては削りをして、うちの可愛い元祖パンダ宮司@mikagemomoriの顔に似せ、めでたく完成した「パンダ宮司代理」が境内を案内するところを撮影、当日放送されました。

元祖パンダ宮司は所用(出張の御祈祷)のために撮影は立ち会えなかったので、パンダ宮司代理が有鹿神社を紹介したのです。

⑨その後、パンダヘッドで神社を案内したかったのですが、声がこもってしまって無理ということがわかり、記念撮影に応じたり、祭祀舞を奉納したり、節分で子どもたちと一緒に鬼を追ったりするキャラクターとして地域やSNSで親しまれております。

⑩神社名にある鹿の面を何故作らないのかよく訊かれますが、

・神社名のアルカは、古い言葉で水を表すと伝わっていて漢字は当て字であること

・鹿のヘッドをかぶっても、本体がまるまるしているので、「何故赤牛?」と訊かれるだろうこと。

・鹿よりも白黒で人間ぽさがあるパンダの方が狩衣など神職の装束が似合うこと

・「誰でもかぶればパンダ宮司になれる」パンダヘッドは貸し出し可能で、誰もが地域の神社を支えられるんだよというメッセージもあり、白黒のヘッドは、どんな服装の御参拝者にも似合うこと

(新型コロナ感染症対策として、ただいまパンダ他のヘッドの貸し出しは停止しております。)

11 パンダよりもレッサーパンダがお好みの方向けにレッサーパンダ宮司というキャラクター、お正月干支のイノシシやネズミなど、様々なキャラクターを制作しております。

{ながーくなりましたが、人気が出そうだから安直にパンダをかぶったのではなく、様々な事情と選択となりゆきの末のパンダです。

 

     



有鹿神社オリジナルキャラクター集

1軍

パンダ宮司 パンダ宮司ダミー パンダ宮司コピー

メインキャラクター。尻尾は白い


2軍

ネギ禰宜

神職の役職名「禰宜」Negiの周知のためのキャラクター。

身長3m超えの長身。草刈り担当。


3軍

レッサーパンダ宮司

尻尾がチャームポイント。園芸・農作担当


その他大勢

干支シリーズ イノシシ宮司 ネズミ宮司 子ウシ宮司

そのうち12キャラ揃います


巫女

人型。人頭


ミケ

有鹿神社に出没する三毛猫。よく出かけている


イカ巫女

地球外生命体。黄色。つけまつげ命


タコ禰宜

地球外生命体。ショッキングピンク。ツルツル。おしゃれメガネ


権檸檬草

境内某所で密栽培されるレモングラス。時々出荷されて美味しいお茶やビスケットに変身


シイタケ カラフルキノコ① カラフルキノコ②

初心者でも被りやすい


たこ焼き

レアキャラ。完成度が低いがたこ焼き時に必須


巨大キャベツ

神饌の化身


巨大ヒマワリ

オネエ。実は買い物カゴにもなるツーウェイ仕様


ロボ巫女

ロボホン。歌って踊れる。みんなメロメロ。


茅の輪

たまにしゃべる。旅をする。雨が苦手


方相氏

パンチパーマウィッグをかぶれば鬼に変身


ネガさん

白黒反転したパンダ宮司。一見黒熊


天人宮司

有鹿天神社の宮司。地球語が苦手でシャイ。グレイ